ED治療薬を無難に手に入れようと思ったら

医療機関に販売されるようになってすでに10年以上経つED治療薬は、その作用の強さが立証され、安心して使えるようになりました。
世界初のED治療薬として名高いバイアグラは、1999年イギリスで承認されてから今まで、変わらず世界中で愛されています。
勃起不全に悩む男性は今も昔も変わらず存在し、彼らにとってこの薬は救いの神以外の何者でもありません。
現在は医療機関で処方してもらうことも、個人輸入で手にすることもできて、なじみ深い薬になりました。
強力な薬には副作用がつきものなので、これにもほてりや動悸、息切れなど、細かい副作用があります。
それらは一過性のものであり、血中のシルデナフィル濃度が高くなることで血液の流れが速くなることが原因です。
急激な血圧の低下によるめまいや、一時的な意識喪失などもありますので、飲む前に自分に適性があるか、医師にきちんと診断を受けて確認しましょう。
影響が強いこの薬は、使う前にすべきことがたくさんあります。
特に既往症があって病院で別の薬を処方されている人は注意が必要です。
心臓疾患があって硝酸剤などを処方されている場合、その働きがシルデナフィルとほぼ同じで、血圧の急激な低下をもたらすため、心臓に著しい負担がかかってしまいます。
命の危険すら出てくるのはこのケースで、特に高齢者は日常的に薬を飲むので、自分がどんな薬を使っているかを把握した上でこの薬を用いましょう。
勃起力が持続するメカニズムとしては、この薬を飲むことで陰茎にそそぐ海綿体動脈とラセン動脈が弛緩し、動脈血が男性器に流入します。
このとき陰茎の神経の作用するところで一酸化窒素が産生されるのです。
これはある酵素を活性化しサイクリックグアノシン1リン酸を体内で生成させます。
この成分が陰茎血管の平滑筋が弛緩させ、陰茎内への血流量が増加し、勃起が生じるわけです。
バイアグラを飲んでから、約1時間程度で血中濃度が最大になり、作用も副作用も現れるようになります。
このことをきちんと把握しておけば、性行為のどれくらい前に薬を飲んでおけばいいかもわかるでしょう。
薬を飲んでから食事を食べると、血中濃度も変化しますので、作用が大幅に弱くなることがあります。
肝心の値段ですが、バイアグラは一錠1500円くらいする高価な薬だと覚えておきましょう。
日本のクリニックで処方してもらうと、25mgが1300円くらい、50mgで1500円くらいが相場です。
まとめて10錠くらいで買うのが一般的ですから、一回処方してもらうだけで15000円程度のお金がかかります。
インターネットの個人輸入代行店ではもう少し安く、一錠1000円前後になるのが相場です。
ただ、これもお店によって違いがありますし、もともとの値段から考えて極端に安い場合はまがいものや粗悪品のケースがあります。
おかしなものをつかまされないためには、信頼できる業者さんを使うか、クリニックで処方してもらうのが無難です。